当センターは、広島大学における「脳・こころ・感性」に関する中核研究施設となっており、感性のネガティブからポジティブまでの脳科学の研究、教育(人材育成)、産学連携(社会実装)を展開する、世界でオンリーワンのグローバル拠点です。

各部門の役割

感性脳科学
部門
脳機能解析技術(fMRI、EEGなど)を用いた感性・感情・意欲などのこころの脳メカニズムの解明、感性・こころの機能の可視化技術および神経モデル化技術の開発
部門長:山脇成人 特任教授 脳・こころ・感性科学研究センター
人間拡張学
部門
感覚や運動,知性や感性に関わる身体・脳機能を向上・強化・拡張する技術の開発とその社会的効果・受容性の調査研究,ならびに地域実装ラボを通じた社会・地域実装
部門長:栗田雄一 教授 大学院先進理工系科学研究科
ストレス
医科学部門
脳科学・感性科学の健康増進・保健・医療への応用、ストレスの可視化、ストレス予防、ストレス関連疾患の病態解明および治療・予防法開発研究
部門長:岡本泰昌 教授 大学院医系科学研究科
こころ教育・
社会学部門
学校や職場などの社会生活場面における行動・生体情報からの感性・こころの測定技術の開発、科学的知見に基づく教育・人材育成法および心身の健康増進法の開発
部門長:中尾 敬 准教授 大学院人間社会科学研究科
脳機能計測・
制御部門
頭表に取り付けたエレクトロニクスによって、脳波電流の伝播特性を調節し、脳機能を促進・抑制する経頭蓋細胞外インピーダンス制御法の開発、ならびにその認知科学・医療応用
部門長:眞溪 歩 教授 脳・こころ・感性科学研究センター